美咲LIVE

〜LIVEとは生きること。告知・報告・活動などなど。〜
<< アイヌアートプロジェクト×美咲LIVE 報告! | main | こもれび音楽祭2008 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
感動の街音楽祭、報告記。



11月1日。感動の街音楽祭。
おかげさまで、すばらしい音楽祭になりました☆

Paix2さん、布野えいじさん率いるゴスペルグループMA☆VO、美咲、
の歌声をおしてなにかを共有できたような気がします。
今回、新聞、情報をみて駆けつけてくださったみなさん、
そして台湾から台湾APRAのみなさんがお越しくださっていたので
台湾APRAのイサオさんに通訳で入っていただきながらの
コンサートだったのですが、国、文化、言葉を超えて、
いっしょに歌い、笑い、踊り、ステキな思い出を共有できました。

報告記、みてください☆
******************************************************
【感動の街音楽祭08】

2008年11月1日(土) 

出演 Paix2、布野えいじMA☆VO(ゴスペルクワイア)、美咲
開場 15:20 開演16:00(18:00終了予定)
会場 松本市  松本市教育文化センター 視聴覚ホール

なんと入場無料! 定員160名

詳細はこちら>>http://misakix.jp/kando-music2008.html
主催 感動の街音楽祭08実行委員会
    アジア太平洋ルネッサンス協会(APRA)
******************************************************

今、松本は、長野県内外から来られたお客様に、また帰りたくなるあったかい街だったなぁと思っていただけるような感動の街にしていこうということで、有志の人が集まって感動の街づくりを取り組んでいます。(美咲もメンバーとして参加させていただいています。)そんな想いから生まれてきたのが『感動の街音楽祭』です。
今回は、台湾から台湾APRAのみなさんが松本に40名お越しくださるということだったのでぜひ、松本の素敵な思い出を作ってほしかったのです。それは、実は、昨年台湾へ行ってコンサートをさせていただいたとき、台湾APRAのみなさんには本当に沢山の愛とおもてなしをいただきました。(その時のレポート:http://misakix.jp/apra-taiwan.htm
そのお礼がしたくて・・・急ではありましたが感動の街100宣を展開されている日本APRAさんからのご提案もあり、急遽、今回の『感動の街音楽祭』開催となりました。


◆通訳・イサオさん&司会進行・美咲


台湾APRAのイサオさんに通訳で入っていただきながらのコンサート進行でした。
イサオさんは台湾の方なのですが、本当に日本語がお上手です。


美咲ライブ



『石の記憶』のイントロで、今回は初めて土鈴を鳴らしてみました。
この土鈴は、縄文土器や土偶の“女神の顔”をかたどっています。女性(女神)の形をした土偶や土器の造形は“平和”の象徴でもあると言われます。世界の赤ちゃん(創造物)が無事に生まれ、育って欲しいとの祈りが込められています。縄文時代は無事、成人になる確率が低く平均寿命は25歳。戦争はないけど、それほどまでに生き抜くこと自体が大変だった時代。人々はお互い助け合い、つながり合って自然とともに暮らしていました。この女神を象った土鈴の音色には、太古から変わらない女神・母の祈りが込められているような気がしています。




◆Paix2(ぺぺ) http://paix2.com/pc.htmlライブ


Paix2さんは、コロンビアミュージックからデビューし、日本全国の矯正施設(少年院・刑務所)などでコンサートを行うという特徴的な活動をされて、先日でなんと299回目のコンサートだったそうです。社会を明るくしたい、人に歌で元気を与えたいという強い意志がなければできない活動だと思います。感銘を受けました。



「おかげさま」という歌がとてもよかったです。すっと心にしみてきました。
聴きに来てくださったみなさんのおかげさま、出演してくださるアーティストのみなさんのおかげさま、会場を貸してくださる会館の方のおかげさま、お手伝いに来てくれたみなさんのおかげさまで今回の感動の街音楽祭は、急ながら形になりました。おかげさまの心を忘れてはいけないですね。



最後は「元気だせよ!」という歌で一体となりました。ゲ・ン・キ だせよ!!♪
振付とはじける歌から、いっぱいの元気を分かち合いました。


MA☆VOライブ


ヴォイスアーティストの布野えいじさん率いるMA☆VOのライブでした。
布野えいじさん、そしてMA☆VOの皆さんには、2007年初めて行った松本城公園での感動の街音楽祭にもご出演いただきました。松本に住んでいる人たちが中心となって結成したゴスペルクワイヤMA☆VOのみなさんの歌声は、魂からわき上がる何かがありました。




私の生まれ育った松本は、八ヶ岳縄文文化圏の端の位置にあります。
八ヶ岳縄文文化圏にはすくなくとも約3万年前から私たちと同じ人間が
住んでいたことがわかってます。
さらに驚くべきことは今から2千数百年前までの
2万7000年以上、戦争のない文化を築いてきました。
これは世界では大変、珍しい文化です。
私はこのような文化を築いてくれた先人、先祖のみなさん、
そしてこの地域のことを本当に大変、誇りを感じます。

今回の音楽祭で象徴的なシーンは
布野えいじさん率いるMA☆VOが歌われた「きずな」だったと感じています。

きずな
歌手:松浦亜弥 
歌詞:湯川れいこ 作曲:宮川彬良

眼には見えないものが
まるで空気のように
見えるものよりずっと 大切な 存在

人に言われるよりも
失くして気がついた
懐かしい あの声と 笑顔に会いたい
THANKS TO YOUR LOVE
ありがとう

星よりも多い数の
先祖たちが それぞれに
時に熱く 時に重く
つながり合って 結んできた
きずな

何万年前の 昔から
今ここに生きる わたしまで
流れる愛は 奇跡のように

海よりも深い思いに
包まれて 知らずに 生かされている

ありがとう 生まれてきたこと
ありがとう きずなに 感謝

とても小さなことが
なぜかわずらわしくて
誰もいらないなんて 思うけど 違うよ

どんなに辛い時代も
飢えて寒い夜も
暖めてくれた 誰かが いたから 今日がある
THANKS TO YOUR LOVE
ありがとう

何十億の人たちは
誰もみんな それぞれに
時に笑い 時に泣いて
夢を求めて 愛を運ぶ
きずな

なぜに傷つけ合うの
世界中で ただひとりだけの
あなたという 大事ないのち

いつまでも いつの日までも
幸せでありますように...と、祈る

ありがとう 生まれてきたこと
ありがとう きずなに 感謝

ありがとう 生まれてきたこと
ありがとう きずなに 感謝







◆グランドフィナーレ



『翼をください』、そして『Oh Happy Day』をMA☆VO、Paix2、美咲そして会場のみなさん全員で歌い踊りました。まさにOh Happy Day!でした。幸せな日。今生きていることの幸せを噛みしめながら、国、文化、言葉を超えて、いっしょに歌い、笑い、踊り、ステキな思い出を共有できました。





アンコールは、隣の人と手をつないで『ありがとう』を歌いました。
歌はきずなを結び、歴史・文化を結び、新しいいのちを結んでくれました。

ありがとう ありがとう あなたがいてくれたから
ありがとう ありがとう 僕は強くなれました・・・


急きょ決定したこの音楽祭をいっしょにつくってくださった Paix2さん、MA☆VOさん、お越しくださったみなさん!台湾APRA、日本APRAのみなさん、松本市の職員のみなさん、スタッフをしていただいた堀金さん、AKIさん、まぐさん、うみはねさん、親切にいろいろと設定くださった松本市教育文化センターのみなさん、そんなみなさんと一緒に音楽祭をつくれて本当によかったです。本当にありがとうございました!

私は松本を「感動の街の聖地」にしたいと真剣に考えています。
それは先人・祖先たちが築いてきた素晴らしい平和な文化が花開いた大地だから。
世界の国々は日本よりも先に「発展」したと言われますが本当でしょうか?
一万年間続いた縄文時代は世界の国々よりも「平和な時間」をより多く創り出しました。
これは本当に日本中に、世界中に誇れる文化ではないでしょうか。
その中心的な役割を果たした「八ヶ岳縄文文化圏の一角の
松本」は「感動の街の聖地」としての充分な資格があると思います。

これからも感動の街音楽祭を少しづづ発展させていきながら、
長野県内外から来られたお客様に、また帰りたくなるあったかい街だったなぁと思っていただけるような「感動の街」をみなさんと一緒に創り上げていきたいと思います!

これからもよろしくお願いいたします!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◆今回も写真記録をしてくれたAKIさんがフォトギャラリーを作ってくれました。
こちらもご覧ください☆
http://momentary-scenery.aki.gs/Gallery/misaki/08/kandonomati/index.html

| 美咲 | - | 14:57 | comments(5) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:57 | - | - | pookmark |
本当に素敵なLIVEでした。

このライブがあるから、俺の写真が写真として存在出来るんです。

「ありがとう」であり「おかげさま」です
| AKI | 2008/11/02 6:32 PM |
AKIさん、堀金さん、まぐさん、うみはねさん、本当にありがとう。
昨年、台湾に行かせていただいた時、台湾APRAのみなさんには
本当に多くの愛をいただきました。そのお礼を絶対にしたい!って思ってたので
実現できたことは本当に良かったです。
みなさんのおかげさまです。ありがとう。
| 美咲 | 2008/11/02 7:13 PM |
美咲以外の出演者のみなさまにも助けられました。
仕込みが一ヶ月もなく告知もほとんど出来てない状況でしたので。普段ではあんなに多くのマイクを仕込むこともほとんどありませんから、ちゃんと音が出るか?心配でした。
ペペのお二人、ペペのマネージャーの片山さん、布野さんが寛容で助かりましたね。
ペペはシンプルなポップスタイルですが芯が太く深みがあり、コンセプトがあって素晴らしかった。MA☆VOの「きずな」の時には全身に鳥肌が立ちました。布野さんの表現はいつもフォーカスがしっかりしてて具体的だし、気持ちいいですよね。決めました!
来年の縄文の女神LIVEにもぜひ、来ていただこう!
そのときは美咲が言うようにゴスペルクワイアを立ち上げます。僕も今からクワイアに参加表明します!

| P太郎 | 2008/11/02 7:47 PM |
感動をありがとうございました!
さすが、「感動の街音楽祭」ですね♪
とても大きい愛の輪を感じました。

美咲さんも、Paix2さんも、MA☆VOさんも、皆さんがそれぞれに愛の世界を持っていて、それが心地よかったです。

遅くなりましたが、ようやくブログをアップできました。
よかったら、ご覧ください。
http://magslife.naganoblog.jp/e166184.html

P太郎さん、僕とうみはねもクワイアに参加できますか?(^-^*)
| はなしもの まぐ | 2008/11/05 12:59 PM |
まぐさんもうみはねさんも大歓迎ですよ。
よかったら一緒に歌いましょう!
ここに生きるいのちを歌いましょう!
来春、布野さんに指導していただきながら
クワイアをみんなでつくりましょう。
| P太郎 | 2008/11/05 4:27 PM |









http://misaki-live.jugem.jp/trackback/19
まさか、感動するとは思わなかった -感動の街音楽祭08-
11月1日。美咲さんの応援をするべく、「感動の街音楽祭08」に行ってきました。松本はちょっと遠いけど、仲間のためならなんとやら、なのです。美咲さんは、仲間としても、アーティストとしても本当に素敵な人なのです。だから、お手伝いもやりがいがあるのです(^-^)/参
| まぐスペシャル | 2008/11/05 12:45 PM |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE