美咲LIVE

〜LIVEとは生きること。告知・報告・活動などなど。〜
<< 縄文5000年祭・記録&アーカイブ | main | 感動の街音楽祭、報告記。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
アイヌアートプロジェクト×美咲LIVE 報告!



2008年10月25日(水)。
信州・茅野市 キッチンストーブかえでの樹にまたひとつ、
伝説のライブが刻まれました。
『アイヌアートプロジェクト×美咲LIVE』。
うれしい偶然が重なり、実現したこのライブ。
一言ではとても表わせないくらいのエネルギーと熱気が充満していました。
八ヶ岳のふもと縄文の大地で、アイヌも沖縄も深い部分でつながっていくのですね。
それでは報告記、ごらんください。

………………………………………………………………………

アイヌアートプロジェクト×美咲LIVE

アイヌ・アート・プロジェクトは結城幸司氏が中心になった若いアーティスト集団。
アイヌ文化を発信するために集まった仲間4人の生きるアイヌの音・声を存分に楽しみたい。
美咲は茅野を中心に活動するシンガーソングライター。
信州における縄文時代以前の歴史・文化を掘り起こし独自の歌世界を展開中。
平成20年10月25日(土) アイヌ・アート・プロジェクトと美咲のコラボライブが
かえでの樹で実現します。

□期日 平成20年10月25日(土)
□18:30 OPEN 19:00START (21:30 終了予定)
□会場 レストラン「キッチンストーブかえでの樹」
〒391-0216 長野県茅野市米沢埴原田298
(マックスバリュー茅野店の裏側) TEL&FAX0266-73-7703
□参加費 ¥1,500
 ※フード・ドリンクは別途。各自自由にご注文ください。

詳細はこちらへ http://misaki-live.jugem.jp/?day=20080920

………………………………………………………………………

◆美咲ライブ

午後7:00。ライブがスタートする。
30名を超えるみなさんがこの日のために集まってくださいました。感謝!
何名かの人が、「いつもの縄文の女神LIVEの時とは違う雰囲気がある」
と言っていましたが、実は私もそれを感じていました。
何が違うのか。縄文とアイヌが深く結び付いているからなのか。
かえでの樹が祈りの空間となっていたからなのか。ライブ表現と精神性と場が
むすばれていたからなのか。答えはいくつもあると思いますが、
自分の中から出てくる歌も、湧き上がるように生まれてくる感じ。
まるで植物が大地に根を張り、茎を通り、光合成して葉っぱから酸素をだすように
新しい「空気」が生まれてきているようでした。
そう参加者のみんなが「新しい空気」を生み出している・・・そんな雰囲気です。


◆ブレイクタイム

ステージ脇にはキャンドルを灯しました。   手作りのアイヌグッズがたくさんブースに並びます。
木彫りのストラップ。魔除けの刺しゅう入りのバンダナ。とてもかっこいいです。
なかには麻のふんどしも。どれもこれも本当にステキでした。

休憩時間になるさん娘さんとパシャリ☆


◆アイヌ・アート・プロジェクト

まず、アイヌ・アート・プロジェクト今回のツアーで一緒に演奏されているマーキージョモラさんの演奏。
吹いているのは竹?それともユーカリのディジュリデュ?と思ったら、
正解は「うどの茎」!アイヌの人たちが使っていたものだそうです。
地響きのような大地の音色。鳥、犬、熊との追いかけっこを模写した曲が
とてもおもしろかったです。

アイヌの弦楽器・トンコリ。やわらかで不思議な音色がします。
縄文時代の遺跡から発見された和琴(わごん)という弦楽器も、近い音なのかなぁと
個人的には思っています。このトンコリも手作りです。木や服や生活に必要なものを
自分で作りそこに魂を吹き込む。そしてモノではなく、生き物として接する
アイヌの伝統・生き方はとても素敵で、縄文もきっとそういった生活だったのでは
ないかと想像します。

□アイヌ・アート・プロジェクト
2000年10月アイヌの伝統的カヌー「イタオマチップ」の復元に集まった若きアイヌたちで結成。のちに札幌在住の5家族のアイヌファミリーになりアイヌ伝統に基づいた文化の発信を行っているグループとなってゆく。伝統儀式、伝統工芸、伝統舞踊などは基より木版画、ネイチャーガイド、ネイティブロックなどアイヌ文化の現代的発信を今を生きるアイヌの表現として行っている。カナダ、ハワイ、などのカヌーフェスティバルに現地でカヌーを作って参加したり国内の野外フェスや環境、平和運動の場でも多数パフォーマンスを行っている。年間50本以上のライブ、団体、個人の展示会も多数。今年7月には、先住民族サミットアイヌモシリ2008の中心的実行委員としてサミット運営に携わり、サミット音楽祭においても世界の先住民及び約600人の観客を迎えオープニングパフォーマンスを飾った。
参考>>http://www.voices.no/mainissues/mi40007000256.php

アイヌ文化を今の表現に昇華したネイティブロック。
めっちゃくちゃカッコよかったです。
リーダー結城浩司さんの祈り・・・神様だったオオカミの物語・・・
今はもう姿をみることができなくなってしまった日本のオオカミ。

アイヌであることを誇りに思うまで、たくさんの苦労と悲しみ、怒りがあったことを
ライブで感じました。そして今、「おれたちは生きたアイヌだ!」と
魂から叫べるほどに乗り越えられた姿が、本当に本当にかっこよかった。
かえでの樹にいた一人ひとりの胸にきっと突き刺さっていた。

聴きながら、今、日本人であることを誇りに思える、信州に生きていることを
誇りに思える、地球に生きていることを誇りに思える、すべてのものを大切に思える
そんな世界をつくっていきたいと思った。

「長野は寒い。北海道に帰ってきたみたいだ。」
その言葉が嬉しかった。


魂の祈りと叫びが歌となって、ひとつとなって、場そのものが生命を持っている
意志を持っている、そんなライブでした。
アイヌ・アート・プロジェクト、信州に来てくれて、八ヶ岳に来てくれて本当にありがとう!


◆コラボセッション

最後、アイヌ・アート・プロジェクト×美咲、そしてスペシャルゲストに
画家・加東和さんを迎え、ライブペインティング&コラボセッションをしました。
お客さん、出演者、ライブペイントの垣根をこえて、本当に一つに
まんまるくなり、いのちが宿った空間がそこにはありました。

加東和(かとう なごむ)      http://www.nagomu.jp/
目には見えない世界を目に見えるように表現する画家。下書き無しの一発勝負!即興で絵を描くライブペインティングは加東和にとって最良の表現です。全国の百貨店で作品展・ライブペインティングを開催しています。今までの代表的なライブペインティング日本国内1996年伊勢神宮「内宮鎮座2000年記念音楽祭」2001年JR新橋駅前SL広場SLライブペインティング2008年全国都市緑化群馬フェア「花と緑のシンフォニーぐんま2008」海外2004年中国・内蒙古自治区ドゥシンドゥラ高原「白駱駝基地」2008年アメリカ・テキサス州サン・アントニオ市ノースウエストクリスチャンスクール高崎にある独立行政法人「国立のぞみの園」の絵画クラブの講師としても活動している。

燃え盛る大地、眼には見えない風が吹き抜ける天空、そして真ん中に女神。
女神は生み出す力。創造の力。今日のライブには、本当にその力強い創造の力が
どの瞬間にも、かえでの樹に満ちた空気中どこにも、存在していたように思います。


◆最後に

アイヌ・アート・プロジェクト、加東和さん、美咲で記念撮影。
またぜひ、信州に帰ってきてください。みんな待ってます。
また素晴らしい時間をいっしょにつくりたいです。
本当に、本当に、ありがとうございました!


--------------------------------------------------------------------------
<アーカイブ写真>

報告記写真を撮ってくれたAKIさんによる写真ギャラリー
http://momentary-scenery.aki.gs/Gallery/misaki/08/ainu-misaki/index.html

寒鰤庵さんによる写真ギャラリー
http://cambrian-dayo.com/misaki_ainu/index.html
| 美咲 | ハラカラ | 02:16 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:16 | - | - | pookmark |
とても素敵な時間が過ごせました(o^-^o)
ありがとうありがとう。

この時代に生まれてほんとよかったって思うよ!

初めての茅野がこんな忘れられない思い出いっぱいになってしまって、これが運命!?神様のお導きかとただただ感謝するだけです。
自然と生き物すべてに命があって、すべてはおかげさま。アイヌの自然を大切にする素朴な生き方に感動しました。

招いてくださった、そしてココロを清めてくださった美咲ちゃんに感謝です!
| アトラスβ | 2008/10/27 10:11 PM |
この企画をして頂き、本当にありがとうございました。

学校では教えて貰えない大切な事が多すぎて、また
またっく勉強に興味が無く、聞き流した時間も人一倍(^^ゞ
の私には、大変入り易く奥深いライブとなりました♪

何時も、素敵な空間を創って頂き感謝です。

今後も楽しみにしていま〜すv
| なる | 2008/10/29 1:40 AM |
アトラスβさん、なるさん、来てくださったみなさん、
手伝ってくださったみなさん、AKIさん、
きっかけをくださった成田さん、かえでの樹のみなさん、
本当にありがとうございました!
おかげさまで、本当に素晴らしい空気が満ちていました。
新しい空気・風が産み出されたような気がしました。
感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう!
| 美咲 | 2008/11/02 9:20 PM |









http://misaki-live.jugem.jp/trackback/18
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE