美咲LIVE

〜LIVEとは生きること。告知・報告・活動などなど。〜
<< 沖縄八重山列島 ルーツへの旅 | main | 蓼科山登山に行きました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
第1回フィールドワーク巡礼―ハラカラ地で体感するハラカラ智― ご報告


旧暦8月8日(新暦9月7日)、八ヶ岳の基層に流れる
「8」をたどって、「ハラカラのふるさと」信州・原村をはじめ、
八ヶ岳/諏訪湖エリアのハラカラ地を巡りながら、
時代の変化に応じた多彩なハラカラ智を体感する
フィールドワーク巡礼が行われました。

ハラカラの“穴”を見つける旅。
諏訪地域に存在する、数々の“穴場”へ行ってきました。
--------------------------------------------------------------------------------

◇第1回フィールドワーク巡礼
―ハラカラ地で体感するハラカラ智―

新ツーリズム・プログラムの創出をめざすハラカラ研究会(美咲も積極参加)は、
「学×旅×遊」「身体性×精神性」「モノ×コト」に基づく
『フィールドワーク巡礼』を始めることになりました。
第1回は、八ヶ岳の基層に流れる「8」の数意にちなみ、
旧暦8月8日(新暦9月7日)です。「ハラカラのふるさと」原村をはじめ、
八ヶ岳/諏訪湖エリアのハラカラ地を巡りながら、時代の変化に応じた
多彩なハラカラ智をみんなで一緒に体感しました。

◆ハラカラとは?
ハラカラは、「いのちが宿り、いのちが育まれ、いのちが帰る」場としての
ハラ(腹・肚・胎・原…)を中心に展開してきた、日本文化の根源に息づく
思想です。「同胞」を「はらから」と読むように、全てのいのちを同じ
母なるハラから生まれた兄弟姉妹と見なすことで、あらゆる存在は一つに
つながっているという深い一体感と調和感が生まれ、生成・発展・変容の
原動力となる「むすび」の意識が促されます。すなわち、
「全てはハラから生まれ、ハラへ還って往く」生と死のライフサイクルと響き合う、
日本人の身心に根ざした基層コスモロジー(生命観/自然観/宇宙観)が、ハラカラには流れているのです。


--------------------------------------------------------------------------------

◇原村/富士見市エリア
10:00集合 
    井戸尻考古館
    阿久遺跡

◇前宮・茅野市エリア
    中ッ原遺跡
    キッチンストーブ かえでの樹  食事
    諏訪大社 上社前宮
    鶏冠社
    小袋石 (ワークショップ)
    守矢史料館

◇諏訪市エリア
    諏訪市博物館

◇岡谷市エリア
    照光寺
17:00 解散

--------------------------------------------------------------------------------

◇原村/富士見市エリア
10:00集合●井戸尻考古館

元フジテレビアナウンサーの小林節子さんはじめ、不思議なご縁が集まって10名の参加です。
ガイド役は、荻原哲郎さん。歴史・遺跡・文化への深い知識と知恵をお持ちです。
今回はじめて参加してくださった方も。中には日本一売れている会計の本
「会計のことが面白いほどわかる本」著者の天野敦之さん、ビジュアルアーティストのTETUOさんも来てくださいました。
井戸尻考古館でみんな合流。ここでは、縄文土器の持つ、ハラカラ智、
ハラカラの穴を見つけました。井戸尻考古館に展示されている土器は「ハラカラ智」が
わかりやすく表現されているものが多いです。


阿久遺跡


原村にある、阿久遺跡。高速道路の下に保存されて眠っています。
その実態とは、蓼科山(以下:女の神山)にむかってそびえたつ環状列石の大規模な祭祀遺跡。
「全てはハラから生まれ、ハラへ還って往く」ハラカラの宇宙観が表現されていました。


↑発掘当時の写真です。おびただしい環状列石(立石)を確認できます。


◇前宮・茅野市エリア
中ッ原遺跡


茅野市で発見された中ッ原遺跡。つまり原(胎)の中。ここでもハラカラみーっけ。
柱が立っているのは復元ですが、遺跡発掘をし、実際に開いていた穴に木を立てたようです。
ここで重要なのが、穴を掘ってから木を立てるということ。意味があるそうです。
縄文時代、女の神山と土偶のハラから、人のいのちが生まれ、土偶を通していのちが還っていったそうです。
この遺跡で見つかった土偶“仮面の女神”は、あの世(宇宙)の母(ハハ)の姿。
右足が折れています。霊送りされた方の身体の状態か反映されているのでは・・・とのこと。(並行に立っている八本の柱は北極星つまり真北を向いています。)

キッチンストーブ かえでの樹  食事


“穴場”のレストラン。キッチンストーブかえでの樹。
おいしくお昼をいただきました。かわいいお客さんも来てました。元気元気。
はだしで庭を走り回ってました。「こうならなくっちゃね〜」みんなで笑いあいました。
ここのカレーは本当に美味しいですね。腹を満たしました。


諏訪大社 上社前宮

前宮は丘に位置して、いつも気持ちいい風が吹いています。

御室社。中世以降廃絶になってしまった、大祝や神官がミシャクジ神といっしょに
『穴巣始(あなすはじめ)』といって、穴に入って冬ごもりした遺跡地。
旧暦12月22日に御室入りして、翌年3月中旬寅日(約3か月間!)
御室が撤去されるまで土室の中で神秘な祭祀が続行されたそうです。まさにハラカラ地。

鶏冠社です。ここは昔、もっとも重要な神事が行われた場所とのこと。
大祝(おおほうり)という神官が就任する式がここで行われたそうです。
かつて、「楓」の樹を通して神をイワクラと呼ばれる神の岩に降ろしていた
なごりがこの鶏冠社にあります。諏訪大社のご神文でもある「梶」の樹が生えていました。


小袋石 (ワークショップ)

古代の祭祀場。小袋石。
ここでは、2人一組になって小袋石と呼吸を合わせ、
ハラカラ・ワークを実践してみました。自然と人がとけあった不思議な時間でした。

   
神長官 守矢史料館


茅野市出身、建築家・藤森照信さんが設計した守矢史料館。
屋根を突き出た樹に、諏訪大社の薙刀が刺さっています。
守矢史料館には、諏訪大社上社に残る珍しい祭事の歴史や史実が保存されています。
写真は神仏習合時代の上社の地図。


◇諏訪市エリア
諏訪市博物館

↑かつて鶏冠社にあったという小屋。↑諏訪大社に来るとみることができる曳き綱…左・雄綱 右・雌綱。蛇を表しているとか。縄文を感じる。

ここでは、諏訪湖に眠る遺跡の展示や、諏訪地域にある民話や伝説、民具をみることができました。
↑田下駄。田んぼに沈まないために使っていた。
ここから右足と右手がいっしょにでる“なんば歩き”が生まれたとか。
なんば歩きは、明治維新で軍隊が生まれたため強制的に修正されたが、
それまでは日本人の標準的な歩き方だった。(飛脚が早かったのもなんば歩きのためか)


◇岡谷市エリア
照光寺

副住職さんが迎えてくれて、正式参拝をさせていただけました。
御神紋は諏訪大社と同じ梶の葉。諏訪大社の神宮寺でもあったそうです。

参集殿に展示してある貴重な砂曼荼羅、ステンドガラスの曼陀羅。
また副住職ご自身が書かれたという仏画を、
仏教のお話をお聞きしながらたくさん見せていただきました。



線の一本一本が細かく、繊細で、かつダイナミックな仏画の数々に驚きっぱなしでした。
ブッダの仏画、生まれてから死ぬまでの人生を描いた大作6枚も見せていただき、
ブッダという人がどんな人生を歩み悟りに至っていったのかを副住職さんから
教えていただきました。
貴重な経験、ありがとうございました!



以上、ハラカラ研究会主催、「第1回フィールドワーク巡礼―ハラカラ地で体感するハラカラ智―」
でした。本当に穴場ばっかり、貴重な経験ばっかりのフィールドワークでした。
日本の基層に流れている“ハラカラ”とたくさん出会えました。
これをきっかけに、ますますハラカラ研究会、具体的な像を持ち始めるんじゃないかな。
今後ともこうご期待ください。みなさん、おつかれさまでした♪




| 美咲 | ハラカラ | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:32 | - | - | pookmark |









http://misaki-live.jugem.jp/trackback/10
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE